岐阜県刃物会館は関の刃物が揃うおすすめの直売所

関市刃物会館の外観

岐阜県刃物会館は、岐阜県関市にある共同組合岐阜県刃物会館が管理運営する刃物に関する施設。包丁、ハサミ、ナイフ、爪切り、キッチン用品など2,000点を超える「関の刃物」を取り揃えており、メーカー直販で市価の2割引き程度で販売されています。

スポンサーリンク
googleadsense

岐阜県刃物会館ってどんなところ?

岐阜県刃物会館は「関の刃物」がお値打ちに買えるだけでなく、包丁研ぎを学べたり、包丁の修理ができる刃物研ぎ工房や刃物の展示場があります。

岐阜県刃物会館

関市刃物会館の店内

店内には包丁やハサミ、ナイフなど関の刃物が多数販売されています。実際に手にとって感触を確かめることができ、専任のスタッフに相談もできるので自分にあった包丁、ナイフなどを購入することができます。

刃物会館入り口案内看板

メーカー直売の「関の刃物」が市価の2~3割引きで販売しているので、お土産にも最適です。

刃研ぎ体験が無料ででき、インストラクターが分かりやすく指導してくれます。せっかく買った包丁をいつまでも切れ味よく使うためにも時間がある方はぜひ体験してみることをおすすめします。

刃物会館の包丁研ぎ工房

もちろん、自分でやるのはと言う人は研ぎなおしや修理など500円~行っています。

刃物会館2階の展示場

刃物会館の2階にある刃物の展示場には関市内の会社の刃物が展示されています。

優秀刃物展示場と書かれたこちらでは関の刃物が会社ごとに展示されているので、メーカーごとの特徴を見たり、お気に入りのメーカーを発見することができます。

刃物会館の刃物回収ボックス

刃物のまち関市では、使えない、使わない、刃物を回収してリサイクルしています。使われてきた刃物に感謝し、不要刃物を毎年11月8日の「刃物の日(いいは)」に行われる刃物供養祭で手厚く供養した後、新しい刃物に使う鋼材としてリサイクルしています。

刃物会館にも入り口近くに回収ボックスが設置されています。

刃物について学んで、刃物を購入するところから、メンテナンス、最後の不要になった場合のリサイクルまで刃物のことならすべて整っているのが岐阜県刃物会館です。

岐阜県刃物会館近郊の観光スポット

刃物会館の周りには歩いていける関の刃物に関する観光スポットがたくさんあります。

フェザーミュージアム

フェザーミュージアム 外観

1932年創業の「フェザー安全剃刀」が手掛ける博物館です。会社の歴史や刃物の原理を学べる体験コーナーなどもあり、大人から子どもまで楽しみながら学べる施設です。

住所:岐阜県関市日ノ出町1-17
TEL:0575-22-1923
定休日:火曜 ※夏季休暇、年末年始の社休日、その他、臨時休館する場合あり
時間:9:00~16:00(最終入館時刻)
入館料:無料
HP:http://www.feather-museum.com/

関鍛冶伝承館

関鍛冶伝承館 刀匠

関鍛冶の伝統の技を伝える施設です。関鍛冶の歴史などを紹介した資料や展示物がたくさんあり、日本刀の製造工程に関する資料や関を代表する兼元・兼定をはじめとする日本刀の展示もあります。日本刀鍛錬場や技能師実演場も併設し、刃物まつりや毎月一回の一般公開日には、日本刀鍛錬や技能師の実演が行われています。(有料)

住所:岐阜県関市南春日町9-1
TEL:0575-23-3825
定休日:火曜・祝日の翌日
時間:9:00~16:30
入館料:大人300円(250円)、高校生200円(150円)、小中学生100円(50円)、小学生未満は無料
※()団体割引20名以上、ぎふっこカード利用時の入館料

濃州関所茶屋

濃州関所茶屋 冠木門

「濃州関所茶屋」は、関市の名前の由来となったといわれる「関所」をイメージした休憩施設です。高さ4メートルの迫力ある冠木門をくぐるとレストランの他に特産品や農産物の販売所があり、ここのモーニングから関市の観光をスタートというのもおすすめです。

岐阜県刃物会館の情報

施設名:岐阜県刃物会館
住所:岐阜県関市平和通4-6
電話:0575-22-4941
営業時間:9:00~17:00
定休日:なし(年末・元旦を除く)
駐車場:あり
HPhttp://www.seki-japan.com

岐阜県刃物会館の地図

スポンサーリンク
googleadsense
googleadsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする