日本モンキーパークのプール(モンプル)の楽しみ方

モンプルのウォータージャングル

日本モンキーパークに夏の時期にだけオープンするプール【水の楽園 モンプル】は流れるプールやスライダー、こども用のプールに遊具など小さなこどもから大人まで楽しめるファミリーにおすすめのプールです。

スポンサーリンク
googleadsense

モンプルの楽しみ方

モンプルの地図
モンプルのマップ 公式HPより

モンプルは小さい子どもから楽しめるとあって、家族連れに人気で天気の良い休日には本当に多くの人でにぎわっています。

特に小さなこどもを連れて行くには日陰など休憩場所や食事など気になることは多いと思いますので、ちょっと紹介したいと思います。

休憩場所(日陰)の場所取り

モンプルのプールサイドの日陰スポット

モンプルではプールエリアの付近に屋台と日陰の休憩スポットが用意されていて、このプールや屋台に近いところは人気のエリアです。

オープンステージの休憩スペース

普段はイベントなどが行われるオープンステージが屋根付きの休憩スペースとして開放されています。

日陰の休憩スペースの場所取りは長時間楽しむためにはかなり重要。

プールについたら着替えよりも先に場所取りをすることをおすすめ。

入場についても事前にチケットを購入しておくとスムーズです。

モンプルのチケット売り場

招待券などでモンキーパークへの入場券は持っていて、プールの入場券だけが必要な場合にはプールの入り口にチケット売り場があるのでそちらの利用をおすすめ、 パークの入場券売り場は混んでいることが多いので注意です。

グリーンシートとレンタルパラソル

グリーンンシートとレンタルパラソル

有料のグリーンシートとレンタルパラソルのエリアはゆったりと楽しみたい人にはおすすめ。

グリーンシートはWEB上から事前購入ができるので、朝から場所取りしなくてOKなのはかなりいい。

専用テーブル、クーラーボックス、 サマーベットも用意されています。

料金は平日の1階席が5,000円、2階席が4,000円で土日祝・8/13~8/16の1階席が6,000円、2階席が5,000円です。

レンタルパラソルは平日が2,000円、 土日祝・8/13~8/16 が3,000円。

食事や売店

モンプルの売店

モンプルには売店があり、食べ物、飲み物はもちろん、浮輪やビーチサンダル、ラッシュガード等の販売もしています。

モンプルの屋台

休日などには屋台もたくさんでていて、かき氷やポテト、唐揚げ、ラーメン、たこ焼き、焼きそばなどかなり充実しています。

モンプルは飲食の持ち込みが可能、クーラーボックスの持ち込みもできるので我が家はある程度準備して行って、かき氷やポテトなどおやつに購入する感じです。

更衣室とコインロッカー、シャワーについて

モンプルの更衣室とロッカー

更衣室とコインロッカーが完備されています。更衣室はわりと狭いので、混雑時はちょっと利用しにくいので、我が家の場合は行きは水着を着て行ってます。

コインロッカーは大きいスペースが700円で小さいほうが500円、返却を押すと100円戻ってきます。

ちょっと高いきもしますが、返却ボタンを押すまでは何回も開け閉めでいるので、財布や携帯をしまっておいて、休憩中に取りに何度でも取り出すこともできるのはありがたい。

モンプルのシャワー

シャワーはプールサイドにいくつか設置されれています。更衣室にもあるのですが、有料(100円/4分)です。

プールサイドのシャワーを利用して、こどもたちは着替えタオルで外で着替えをすませてます。

モンプルの営業日( 2019年 )

モンプルの営業日:7/6(土)、7/7(日)、7/13~7/15(月・祝)、7/20(土)~9/1(日)、9/7(土)、9/8(日)

営業時間:9:00~17:00 ※日によって営業時間は異なります。

料金

料金:800円(2歳以上、別途入園料が必要)

入園料:大人(中学生以上)…1,100円 こども(2歳以上)…600円

事前準備

事前準備として、できるだけパークへの入園のチケットは用意しておくとスムーズです。

持っていくものとしておすすめはレジャーシートはほぼ必須、飲食するものについてはモンプル内でも購入できるのですが、ちょっとイベント価格なので我が家はドリンクなどクーラーボックスを持ち込んである程度用意して行きます。

モンプルではカメラの利用ができるので、こどもたちとの思い出を残すのにも売店で購入するお金を入れておくのにもケータイの防水ケースがあると便利です。

駐車場からプールエリアまでわりと距離があるので、 ベビーカーやキャリーワゴンはプールエリアへの持ち込みはできませんが、プールエリア近くに置き場があるので、荷物が多い時は用意していくといいです。

地図(場所)

スポンサーリンク
googleadsense
googleadsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする