麒麟がくる 岐阜の3つの大河ドラマ館が熱い!

2020年1月からの大河ドラマの放送に合わせて、岐阜県内に3つの大河ドラマ館がオープン。大河ドラマ館にはドラマに登場する衣装や小道具などの展示や登場人物、出演者にまつわるエピソードなど見所満載です。

スポンサーリンク
googleadsense

麒麟がくる 岐阜大河ドラマ館

麒麟がくる 岐阜大河ドラマ館 外観
麒麟がくる 岐阜大河ドラマ館内

大河ドラマの主人公である明智光秀公、光秀公が仕えた斎藤道三公、織田信長公にスポットを当て、メイキング映像をしようしたドラマシアター、ドラマに登場する衣装や小道具など、大河ドラマに関する展示に加え、歴史博物館の所蔵品を活用した岐阜市ならではの戦国時代の歴史展示をご覧ください。

パンフレットより

参考記事:「麒麟がくる 岐阜大河ドラマ館へオープン2日目に行ってきた

岐阜大河ドラマ館の概要

開設期間:2020年1月11日(土)~2021年1月11日(月・祝)

開館時間:9:00~17:00

開館場所:岐阜市歴史博物館2F

入場料:大人600円、小中学生300円

岐阜大河ドラマ館の見所

2階大河ドラマ館はいくつかのブースに分かれていて、最初にあるドラマシアターではドラマの撮影風景や出演者のメイキング映像が楽しめます。

その次には美濃三傑を中心とした麒麟がくるの世界として登場人物の紹介や相関図、エピソードやドラマに登場する衣装や小道具、出演者のサインなどが展示されています。

道三の広間 撮影スポット

スタジオセットが再現されている道三の館では道三の広間のセットが忠実に再現されていて、ここでは道三になりきって記念撮影ができます。

岐阜大河ドラマ館の地図

麒麟がくる ぎふ可児大河ドラマ館

麒麟がくる ぎふ可児大河ドラマ館の外観
ぎふ可児大河ドラマ館の入り口

明智光秀博覧会2020in可児が花フェスタ記念公園内で2021年1月11日まで開催されており、麒麟がくるのぎふ可児大がドラマ館の他にも戦国イベントゾーン、光秀ゾーン、戦マルシェゾーンがあります。

参考記事:「麒麟がくる ぎふ可児大河ドラマ館へ

ぎふ可児大河ドラマ館の概要

開設期間:2020年1月11日(土)~2021年1月11日(月・祝)

開館時間:9:00~17:00

開館場所:花フェスタ記念公園 明智光秀博覧会 会場

入場料:大人500円、小中高生200円

ぎふ可児ドラマ館の見所

ドラマにもでてくる屋敷のジオラマの展示や明智荘の紹介、出演者の写真やサインが飾られているコーナーなど見所満載。

ぎふ可児大河ドラマ館エンディング撮影スポット

エンディングはドラマにでてくる登場人物と一緒に記念撮影できます。

ぎふ可児大河ドラマ館の地図

麒麟がくる ぎふ恵那大河ドラマ館

ぎふ恵那大河ドラマ館の概要

開設期間:2020年1月11日(土)~2021年1月11日(月・祝)

開館時間:9:00~17:00

開館場所:日本大正村 大正ロマン館 1F

入場料:大人400円、中学生以下無料

ぎふ恵那大河ドラマ館の地図

スポンサーリンク
googleadsense
googleadsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする