せきてらすは関市の新たな観光拠点

せてきらすの入り口

2021年3月19日(金)に「せきてらす」がオープン。

せきてらすとは「知って、遊んで、関わりあおう」をキャッチコピーに関市の産業・観光発展や市民交流を目的とした複合施設。

「関鍛冶伝承館」、「フェザーミュージアム」、「刃物会館」など関市の刃物づくりに関する施設の中心施設であり、観光案内所がある「せきてらす」は関市の新たな観光拠点です。

スポンサーリンク
googleadsense

せきてらす

「せきてらす」は関のヒト・モノ・コトが集まり、体験、交流、発信を楽しむことができ、まだ知られていない関の新し魅力を関市民や全国に発信。

せきてらすの3つの魅力

せきてらすは「刃物」「文化産業」「ヒト」に出会える場所

刃物

伝統の技術が生きる確かな品質の関の刃物。

販売の他に、刃物を使ったクラフト体験など、気軽に刃物文化にであうことができる。

刃物会館、刃物工房、モニュメント

刃物会館入り口

刃物会館がせきてらす内に移転リニューアルオープン。

刃物会館の展示販売ブース

ショップ内には関市内の包丁、ナイフ、ハサミ、爪切り、カミソリ、キッチンツールなどの刃物が展示販売されています。

刃物研ぎ体験もできます。

おすすめ記事:「刃物会館が移転リニューアル

文化産業

ものづくり・食・歴史など刃物だけではない関の魅力を発見、体験できる。

観光案内所

関市の観光案内所

カフェスペースも併設されている観光案内所。

関市のお土産販売

関市の名産品や特産品などがたくさん取り揃えられていてるので、関市ならではのお土産や知らなかった関市の魅力を発見できます。

ヒト

だれでも利用で、ヒトとヒトが出会うオープンなコミュニケーションや自由な発信の場。

多目的ホーム、キッチン設備、共生広場

多目的ホールにあるシャインカービング

多目的ホールには公募で選ばれた1,000人で創ったシャインカービングアート「一関二鳥」があり、撮影スポットにもなっています。

多目的ホールのボードゲーム

テーブルゲームやラグマット、お茶や紅茶が設置され、遊んだりくつろいだりできます。

せきてらすの施設利用料

多目的ホール:5,250円 全日(9:00~21:30)
キッチン設備:1,050円 全日(9:00~21:30)
控室:1,050円 全日(9:00~21:30)
刃物工房:2,100円 全日(9:00~21:30)
会議室:1,050円 全日(9:00~21:30)

せきてらすの基本情報(地域交流施設)

施設名:せきてらす

住所:岐阜県関市平和通4-12-1

電話:0575-23-1670

営業時間:9:00~17:00

休館日:火曜・祝日の翌日 いずれも休日を除く
年末年始、1月2日を除く

駐車場:あり 約100台

せきてらすへのアクセス

車でのアクセス

東海北陸道関ICより約15分

電車でのアクセス

長良川鉄道刃物会館前駅から徒歩約5分

せきてらすの地図(場所)

せきてらす近くの観光スポット

観光案内所がある「せきてらす」は関市の新たな観光拠点となっており、近くには様々な関市のおすすめ観光スポットがあります。

関鍛冶伝承館

関鍛冶伝承館

関鍛冶伝承館は日本刀の製造工程・歴史に関する様々な資料を展示されており、関市の刃物文化を体験できる施設。

様々なイベントが開催されており、毎月の一般公開日には、日本刀鍛錬や技能師の実演を見学することができます。

過去の記事「関鍛冶伝承館は関鍛冶の技や歴史を学べる施設<関市>

フェザーミュージアム

フェザーミュージアム

フェザーミュージアムは入館料無料でカミソリと精密刃物の展示物を学んで楽しむ、世界初の刃物の総合博物館。

関の刃物を楽しむ観光名所のひとつです。

過去の記事「フェザーミュージアムは無料で学んで遊べる施設<関市>

春日神社

春日神社

岐阜県関市南春日町にある春日神社は関鍛冶の守護神として祀られています。

鎌倉時代、大和から移住してきた鍛冶職たちによって春日大社の分霊を祀ったのが始まりとされ、国の重要文化財の能装束や能面などが残されており、刃物まつりなどで特別公開されます。

過去の記事「関鍛冶の守護神「春日神社」

せきてらす近くのおすすめグルメスポット

せきてらすの近くにあるおすすめのグルメスポットを紹介。

濃州関所茶屋

濃州関所茶屋

関所とイメージした休憩所になっていて、高さ4メートルの迫力ある冠木門をくぐるとレストランの他に特産品や農産物の販売所があります。

せきてらすの川を挟んだ反対側にあり、モーニング、ランチが楽しめます。

過去の記事:「濃州関所茶屋から関市の観光をスタート

うなぎの孫六

名代 うなぎ 孫六の外観

「名代 うなぎ 孫六」はせきてらすの斜め向かい側にある炭火焼うなぎの専門店。うなぎはちょっと焦がした感じで見た目は黒いが味があっさり濃い味が特徴です。

過去の記事:「名代 うなぎ 孫六は炭火焼き鰻の専門店

うなぎの名代辻屋

うなぎの名代辻屋の外観

「うなぎの名代辻屋」は関市の本町にある創業150年を誇るうなぎの老舗。市内はもちろん、市外、県外からもたくさんのお客さんが訪れてるうなぎの専門店です。

せきてらすからも歩いても7分程度で行くことができます。

過去の記事「関で鰻をたべるなら「うなぎの名代辻屋」

スポンサーリンク
googleadsense
googleadsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする