刃物まつりの無料駐車場情報

刃物まつりのポスター 駐車場案内

※2018年の刃物まつりの駐車場は2017年より変更されている場所があるので注意してください。
2018年の刃物まつりの駐車場は「2018年 第51回関市刃物まつりの無料駐車場情報」の記事をご覧ください。

スポンサーリンク
googleadsense

刃物まつりの駐車場を調べてみました

2017年10月7日(土)、8日(日)に関市刃物まつりが開催されます。今年は50回目の記念イベントで様々なところでPRしているので、例年以上に混雑が予想されます。

今年は50回目の記念すべき刃物まつりなので、知人などから今年は行ってみたいと言われ駐車場について聞かれることがあったので、調べてみました。

刃物まつりで利用できる無料駐車場は公式パンフレットなどで5カ所案内されています。

  1. 文化会館(300台)
  2. 中濃公設地方卸市場(200台)
  3. 関市役所(450台)
  4. テクノハイランドグランド(1,000台)
  5. 片倉グランド(350台)※晴天時のみ利用可能

関市役所とテクノハイランドグランドでは会場への無料シャトルバスが10分~15分間隔で運行され、刃物まつりのメイン会場中央のバス停との間を往復します。シャトルバスの運行は9時~17時30分となっています

刃物まつり公式無料駐車場 ①関市文化会館

刃物まつりの駐車場 関市文化会館

刃物まつりメイン会場まで歩いて5分ほどなのですが、会場から近いため人気の駐車場でわりと早めに満車になってしまいます。

刃物まつり公式無料駐車場 ②中濃公設地方卸市場

刃物まつりの駐車場 中濃公設地方卸市場

関市役所のシャトルバス乗り場まで歩いて3分ほどで、シャトルバスに乗ってしまえば5分ほどで刃物まつりのメイン会場まで行くことができます。歩きでも18分ほどでメイン会場まで行くことができます。

刃物まつり公式無料駐車場 ③関市役所

刃物まつりの駐車場 関市役所

無料シャトルバスで刃物まつりのメイン会場まで5分、徒歩で15分程度で行くことができます。

刃物まつり公式無料駐車場 ④テクノハイランドグランド

刃物まつりの駐車場 テクノハイランドグランド

テクノハイランドグランドからは無料シャトルバスでメイン会場まで10分程度で行くことができます。かなり時間がかかってしまうため歩きはやめておいたほうがよいです。東海北陸自動車道を利用する場合には美濃ICからの方がアクセスしやすいです。

※テクノハイランドグランデでは数年前に何度が野球をしたことがあります。しかし、最近は利用できないと聞いたことがあったので見に行ってみると荒れ地になっていました。Googleマップにも掲載されていないので、詳細がわかりません。刃物まつりの公式サイトでも案内しているので、分かり次第更新したいと思います。

刃物まつりの駐車場 テクノハイランドグランド

10月1日(日)にテクノハイランドグランドに寄ってみるとちゃんと草が刈られて準備されていました。草が刈ってあるとグランドらしいく、これなら1000台ぐらいとめることができそうです。

Googleマップを利用するとテクノハイランドグランドはだいたいこのあたりです。当日はおそらく周辺に案内表示があるので迷うことはないと思います。

刃物まつり公式無料駐車場 ⑤片倉グランド

刃物まつりの駐車場 片倉グランド

メイン会場まであるいて10分程度で行くことができますが、こちらは晴天時のみの利用となっているので注意が必要です。

マーゴ(MAGO) 無料シャトルバスの利用

刃物まつりの2日間でショッピングセンターマーゴから無料のシャトルバスが運行されます。

刃物まつり マーゴシャトルバス時刻表

※マーゴHPより

週末はわりと駐車場も混んでいるイメージがあります。はもの祭りの日は穴場になっているのかわかりませんが、ショッピングセンターを利用するならいいかもしれません。

3時間無料 関駅西口駅前広場駐車場

刃物まつりの駐車場 関駅西口駅前広場駐車場

関駅前、関市文化会館の迎えにある市営の有料駐車場ですが3時間まで無料で、3時間を超えても24時間まで200円とかなりお値打ち。さらに刃物まつりの会場まで約5分の距離にあります。

関アウトドアズナイフショー アピセ関

アウトドアナイフショー駐車場 アピセ関

同時開催されている「第25回関アウトドアナイフショー」の会場であるアピセ関は刃物まつりの会場まで歩いて10分程度で行くことができます。

関アウトドアナイフショーは関ファクトリーメーカー全国内外カスタムナイフメーカーのナイフを多数展示されていて、限定グッズの販売などがあり空ちゃんのイラストがついたTシャツなどが買えます。このTシャツはかなり丈夫で肌触りもよく、関の刃物やさんが作業着にもしていてお勧めです。毎年デザインや色が違うので、外ではなかなか着づらいのですが、部屋着としては妻もお気に入りでついつい購入しています。

我が家はここに駐車して、関アウトドアナイフショーを楽しんでから刃物まつりに行いくことが多いです。

スポンサーリンク
googleadsense
googleadsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする