要チェック! 関市中池市民プールの注意事項<関市>

中池市民プール こどもプール

「関市中池市民プール」は中池公園の中にあり、50メートのコースが9つ、幼児用のプールがあります。水泳帽はいりませんが、市民プールなのでけっこう注意事項があります。事前にチェックしておいてください。

スポンサーリンク
googleadsense

知っておこう 関市中池市民プールについて

去年は息子を水泳用おむつで連れて行ったらダメ!一昨年は娘の浮き輪にひもがあって注意され、その前は行ったら大会のため一般の入場はできずと失敗続き。さすがに今年は大丈夫でしたが、市役所のページにも注意事項がしっかり載っていないので、今回まとめてみました。

中池市民プール 注意事項

おすすめ記事:「坂祝町民ふれあいプールは流水プールにスライダーもありこどもに人気

関市中池市民プールの営業について

平成30年度 6月30日(土)~9月2日(日)

午前9時~午後4時

  • 午後3時45分になったらプールからあがってください。
  • 月曜日及び祝日の翌日は休業日です。

関市中池市民プールの注意事項

  • 幼児・小学生・中学生の方は、保護者(成人の方に限ります)が同伴でないと、入場できません。
    ※保護者1人につき2人まで
    ※「関市中池市民プール遊泳許可証」(各学校発行)がある場合は除く
  • 健康状態のよくない方、感染症を有する方、酒気を帯びている方、おむつが必要な方(水泳用おむつも不可)は利用できません。
  • プールのご利用にあたっては、使用料のほかにコインロッカー使用料(1回10円)が必要です。
  • タトゥー、入れ墨のある方は、テーピングかラッシュガードなどを着用してください。
  • プールサイドでは走らないでください。
  • 「頭から」、「足から」に関わらず、飛び込みは禁止です。
  • シンクロ・逆立ち・肩車など、危険な行為はしないでください。
  • コースロープには、掴まらないでください。
  • ひもが付いている浮輪は、必ずひもを取り外して使用してください。
  • ビーチボール、マット型の浮輪、足いれタイプの浮輪は使用禁止です。
  • ビート板、ゴーグル、ロッカーの鍵など、物を投げないでください。
  • ビート版、浮輪をしずめて遊ばないでください。
  • 金属製か否かに関わらず、ピアス、ネックレス、ブレスレット、コンタクトレンズ、大きな石の付いた指輪、腕時計、カチューシャ、ヘアピンは外して入水してください。
  • 水着以外では入水できません。
    ※Tシャツは脱いでください。
    ※タオルなどをプールに入れないでください。
  • 日焼け止めクリーム、サンオイルなどをつけたまま入水しないでください。
    ※シャワーで洗い流してから入水してください。
  • 指定された場所以外(事務所の下)は、飲食しないでください。
  • 携帯電話は事務所の下でご利用ください。
  • カメラ、ビデオカメラなどによる持ち込み撮影は禁止です。
  • 事故防止と健康管理のため、休憩時間を設けています、場内放送の指示に従ってください。
    10時30分~10時40分
    12時00分~12時30分
    14時00分~14時10分
  • その他、プール係員の指示に従ってください。

関市中池市民プールの使用料金

個人使用料金

大人(400円) 高校生(200円) 高齢者及び障がい者(100円) 中学生以下(無料)

団体使用料金

大人(200円) 高校生(100円) 高齢者及び障がい者(50円) 中学生以下(無料)

※団体使用料は、関市に住所を有するもの30人以上(引率者及び保護者を含む。)で構成する団体について適用します。

関市中池市民プールの情報

店名:中池市民プール
住所:岐阜県関市塔ノ洞3885-1
電話:0575-24-0214
営業期間:6月最後の土曜日~9月最初の日曜日まで
営業時間:9:00~16:00
定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は営業し、翌日が休みになります)
URL:http://www.city.seki.lg.jp/0000004415.html

関市中池市民プールの駐車場について

関市中池市民プール 外観

駐車場ですが、中池ファミリーパーク(公園)側にある事務所入り口(階段上がった場所)のところがはわりとスペースがないので天気の良い日はわりといっぱいになってます。

空いてない場合には下の公園駐車場横のスペースか上の体育館駐車場にとめることになります。わりと同じぐらいの距離なのですが、我が家は下の公園駐車場横のスペースにとめることが多いです。

関市中池市民プールの地図

スポンサーリンク
googleadsense
googleadsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする